一日も早い発見と保護を第一の目標にした
  ペットの捜索方法についてご説明させていただきます



 私共の発見率は80%以上です。

 残念ながら100%の発見はお約束できませんが、家族の一員である行方不明のペットの立場に立ち、御依頼者様の心情を理解しつつ誠心誠意、捜索を行なう事をお約束いたします。
 捜索は専従担当スタッフ1名が以下の内容で行ないます。
 1. 動物の行動習性をもとに失踪状況を分析・捜索方針の組み立て
 2. ポスター・チラシによる情報収集
 3. 情報確認・聞き込み作業
 4. 逃走経路、潜伏場所の追跡・保護
 ペットの性格、年齢、種類、体調、天候等により捜索内容を変更することもございます。詳細は担当スタッフよりご説明いたします。ご質問等ございましたらどうぞお気軽にご相談ください。

 寄せられた情報は発見に至るまで責任を持ってご連絡いたします。

どのような捜索を行なうか
まずご依頼頂いた場合、依頼者宅に直接うかがい調査表(失踪状況、性格、
日常行動等42項目)を作成し、
失踪現場付近の地形等を確認します。
写真を預かりチラシ、ポスターを作成します。各状況に応じた捜索方針をたて、翌日からの捜索方法を検討します。
実際の捜索作業を行ないます。失踪状況、地形、失踪日からの経過日数、失踪ペットの種類等で異なりますが、まず
失踪現場付近の痕跡(足跡、抜毛等)を確認し、どこから失踪してどの方向に
向かったか検証します。
近くに潜伏している可能性がある場合、自分の目やCCDカメラを使いこまかく
確認していきます。
聞き込みやチラシ、ポスターの
配布作業による情報収集を行ないます。
捜索開始1時間で発見される場合もあります。
前日に行なった作業で、情報が得られた場合は、間違った情報の可能性もあるため、目撃情報付近での聞き込み作業による情報確認を行います。
有力な情報の場合は、捕獲機の設置や
潜伏場所の絞り込みを行なっていきます。
何も情報が得られない場合は、前日の
捜索状況を分析し最も可能性のある方向へ捜索範囲を広げてゆきます。
2〜3日目に行なった捜索状況を分析し
最も有効な捜索範囲を検証し作業を行ないます。 有力な情報があった地域の
捜索を徹底的に行ない発見、保護に努めます。全く手掛かりが無い場合は、さらに捜索範囲を広げ情報収集を行ないます。
失踪したペットの性質や失踪状況、
地形、失踪日からの経過日数等により
捜索開始1時間で発見されるケースもあれば1週間〜1ヶ月後に情報提供があり発見と言うケースもあります。


 以上が私どもの捜索の基本的なシステムです。
 そして、私どもの願いは何よりもペットの安全と早期発見にあります。
 そのために必要であると判断した場合、状況に応じて内容を変更することもございます。
 ペットを無事御依頼者様の元にお届けすることが私どもの使命ですが業務遂行のためには皆様のご協力を欠かすことができません。
 私どもの誠意と仕事をご理解いただき、ご用命いただければ幸いです。
 ご質問ご要望等ありましたら、どうぞお気軽にお申し付けください。

E-Mail : Petrescue@live.jp

Copyright (c)2000-2001 Hiroshi FUJIWARA. All Rights Reserved.
illustration (c) Takako Miyoshi. All Rights Reserved.