フェレット



 フェレットは野性に生息している動物ではなく、ヨーロッパケナガイタチを品種改良し家畜化した動物ではないかと言われています。
野性のヨーロッパケナガイタチは森で地下に巣穴を掘って生活しているため、フェレットにもその習性があり、狭くて暗い場所へ潜り込むことが大好きです。
また、遊び好きで好奇心が旺盛なため、玄関や窓があいていたりすると外へ出てしまうことが多く、なかには自分で窓を開け迷子になってしまうケースもあります。

 フェレットが迷子になった場合、遠距離へ移動するというよりも、近距離で発見される場合が多く、チラシを中心とした細かい情報収集が有効です。
ただし、フェレットは暗くて狭い場所へ潜り込むのが好きですから、物置の下や軒下はもちろん排水溝の中や庭先に巣穴を作っていないか等も細かくチェックしてゆきます。
 基本的には夜行性といわれていますが、飼主の生活リズムにあわせることが多いので、普段何時に起きて何時に寝ているか等の生活サイクルを考慮しつつ捜索していきます

 フェレットは基本的には肉食獣で捕食活動も旺盛であるため、失踪した地域で飼鳥が襲われる被害がありました。(アメリカ等では、捨てられたフェレットが畑や家畜なを荒して問題になっています。)



*back
E-Mail : Petrescue@live.jp

Copyright (c)2000-2001 Hiroshi FUJIWARA. All Rights Reserved.
illustration (c) Takako Miyoshi. All Rights Reserved.