このコーナーでは、無事に再会を果たした飼い主とペットを紹介します。 愛するペットとめぐり会えた喜びの感動的なシーンこそが、私たちスタッフの最大の喜びでもあります。


シャール


2001年10月15日に裏口の閉め忘れのため、外へ出てしまったチンチラの「シャール」です。
15歳の高齢だったため、体力面が心配でしたが19日にエサを食べに来たとの情報があり、21日のAM1時頃に捕獲機で保護しました。
無事に家に帰った「シャール」は、15歳とは思えない程元気でした。


じゃばお


2001年10月8日に自分でアミ戸を開けマンションの8階より失踪してしまったフェレットの「じゃばお」です。
次の日には5階のベランダで保護され、警察へ届けられましたが、警察の方が交番へ運ぶ途中にまた、失踪してしまいました。
警察の方の記憶が曖昧でどこで失踪したのか場所がはっきりと特定できなかったのでマンションから交番までの広範囲で捜索をおこないました。
15日の夕方に「今います」との情報があり、情報提供者の方が保護して下さってました。若干の疲れはあるものの、ケガもなく、今では元気に走り回っているそうです。


JB(ジェイビー)


9月15日にマンションのベランダより落下してしまい迷子になったJBです。
非常に臆病な性格で初めて外へ出てしまったことと、 ベランダから
落ちたショックにより 近くに潜んでいる可能性が高いので、近場を
徹底的に捜索していきました。 落下地点より東方向のベランダの
下に潜んでいたところを無事に保護しました。


ハナちゃん


8月5日、世田谷の自宅にて家族が留守にしているときに
雷の音でパニックになってしまい逃げ出してしまった
ハナちゃんです。
14歳の老犬であり、真夏日で体力的に心配でしたが、
事故にあうこともなく8月10日に自由ヶ丘方面にて 無事に保護することができました。





next>>>
E-Mail : Petrescue@live.jp

Copyright (c)2000-2001 Hiroshi FUJIWARA. All Rights Reserved.
illustration (c) Takako Miyoshi. All Rights Reserved.